浴衣のお話し

【浴衣の歴史】

浴衣は「湯帷子(ゆかたびら)」の略で、平安時代には入浴の際に着用していました。昔の風呂は蒸し風呂で、今のサウナのようなものでした。後に、バスローブのように入浴後に羽織って水分を拭き取るものとして使われるようになりました。江戸中期頃からは庶民の夏の日常着として使われるようになりました。

銀座橘苑のお品物