お客様へ

こんにちは銀座橘苑です。私たちのサイトをご覧頂きありがとうございます。

 

当店は1963年より銀座の地で呉服の商いをさせて頂いております。皆様のおかげで今日まで着物を扱ってくることが出来ました。銀座の中でも歌舞伎座が近いこの界隈はとりわけ着物をお召しの方を多く見かける地域です。近年は、外国の方の着物姿も見かけるようになりました。

 

日本の伝統衣装である着物はファッションとしての美しさだけでなく、その色や柄、形、たたみ方や着方などの中には、自然を愛でる心や、機能美、家族の絆、大切にしたい思いがたくさん込められています。その思いは日本の長い歴史の中で育まれ現代の私たちに受け継がれています。

 

始めて着物に手を通す、数十年ぶりに着物を着る、とおっしゃるお客様でも、着物の似合わない方を見たことがありません。体系や髪型はそれぞれ違いますが、着物を羽織っていただいた時は、何故か凛として見えたり、はんなりと見えたり、、、、

それは、日常のファッションに隠されているその方本来の美しさが現れてくるようです。

 

着物はその生地や絵柄や形に伝統的なものが多く、それは着物だけでなく浴衣や半天、作務衣などの和服はもちろん、バッグや扇子の小物、インテリアや文具など様々なところで活かされています。銀座橘苑では「着るという事」にこだわって、着物以外にも着物の良さが感じられる和服全般および着物を着るために必要な和装小物を常時おそろえしております。春夏は甚平や浴衣、秋冬は綿入れ半天など、その季節に合わせたお品物もございます。着物そのものには馴染みがなくとも生活に和の雰囲気を取り入れて豊かな気持ちになっていただけるお手伝いが出来ましたら幸いです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。